シンガポール人もビックリ!やっぱり自由過ぎる?日本の選挙

今月中旬、東京は真冬並みの寒さ。かと思えば、10月下旬に超大型台風上陸!という日本を旅行中のシンガポール人の友人たちもビックリの天気が続いているが、悪天候の中日本では衆議院議員選挙が行われた。(日本大使館があるここシンガポールでも在外選挙人名簿登録の手続きを行えば、シンガポール在住の日本人でも投票をすることができる。) さて、週末から今週頭にかけてシンガポール人の友人との間で話題になったのは、…

続きを読む

今までの海外生活を振り返って、シンガポールに長く居すわってしまった理由について考えてみた

当初は2~3年の予定だった。次に、5年の節目で動くべきだったのだが、そこでタイミングを逃してしまいずるずると…というパターン。そうこうしてるうちに様々な事情により「シンガポール⇒次の目的地は日本」で確定してしまった。今すぐ帰れ!というわけではないのだが、もう他の国へ移るという選択肢は消えた。今までは、A国からB国へと行き先も移るタイミングもいつも自分の意志で決めてきた。最後の決定は外的要因による…

続きを読む

サンバル(Sambal)の主張が強すぎて困る!!スーパーで買えるローカルな総菜パン(S$1.30)

海外に長期滞在することになったときシンガポール人やマレーシア人はまず何を持っていくか?聞いてみると、大抵 「チリソース」・「サンバルソース」・「チリパディ」 という予想通りの答えが返ってくる。(見事にチリ揃い) これを現地の料理にちょい足しすれば、あっという間にふるさとの味に変わるという魔法の調味料!という日本人にとっての醤油のようなポジションなのだろう。(マヨラーにとってはマヨネーズか?…

続きを読む

シンガポール鉄分補給シリーズ⑥マレー鉄道番外編:ClementiのSungei Ulu Pandan川にかかる鉄橋を見に行く

誰に頼まれてもいないのに、今回はマレー鉄道番外編。 みうらじゅん氏のグットクリフを求めて旅する「いい崖出してるツアー」にちなんで、今日もグッド(アイアン)ブリッジを求めてさまよい歩く。 番外編企画は、かつてマレー鉄道のBukit Timah駅からジュロン工業地区の港まで伸びていた支線跡を訪ねるというもの。 1965年に完成したこの全長14km貨物専用路線はJurong Lineとよばれ、終…

続きを読む

シンガポール鉄分補給シリーズ⑤ここだけは押さえておきたい旧マレー鉄道鉄橋ポイント・The Rail Mall周辺

雑草に覆われた旧Bukit Timah駅に続いて、これもまた公共交通機関でアクセスしやすい鉄道跡を紹介しよう。鉄分補給なら、Upper Bukit Timah Rdにかかる鉄橋…ここも是非とも押さえておきたい!(Upper Bukit Timah Rdにかかる鉄橋・2014年撮影) 前回の記事で紹介した旧Bukit Timah駅からはMRTよりバスが便利。Upper Bukit Timah R…

続きを読む

シンガポール鉄分補給シリーズ④Downtown Line開通後、便利になった旧マレー鉄道Bukit Timah駅への行き方

しばらくブログを放置していたにもかかわらず、何の反省もなく再び!鉄分補給シリーズの続きを。 2011年のシンガポール国内のマレ―鉄道廃線から6年。レールや枕木のほとんどは廃線間もなくKTMによって撤去されてしまったが、踏切や踏切小屋もいつのまにか姿を消してしまっていた。自分が廃線跡を歩くようになったのはほんの数年前。すでに遅きに失していたが、それでも将来はその跡地さえなくなる可能性もある。完全…

続きを読む